大阪市内・北摂・尼崎市・伊丹市・西宮市・芦屋市・神戸市の重要事項説明書・契約書作成代行など不動産アウトソーシングなら

中田敦彦のYoutube大学について

関西地方は未だに雪が降ることもなく、冬にしては暖かな日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?ここ最近、2006年にグーグルが2000億円を投資して買収したユーチューブが成熟期を迎えておりますね。

これまでのユーチューブは素人目線で動画を投稿したり、自分の趣味を日々動画にしたりというものが多かったように思えます。その中で、人気ユーチューバーが出て超お金持ちになったり、子供のなりたい職業トップ5に入るなど一般人に比較的身近で現実的であったものでした。

テレビと芸能人とユーチューバーは一線を画す存在同士だったはずなのですが、1年位前からテレビの方から視聴率稼ぎのために人気ユーチューバーをテレビのゲストに迎えたり、パネラーや雛壇として起用したりとすり寄ってきている感はあるとは感じていました。

「あー。金の匂いのするところにテレビメディアは敏感やなあ。。。素人なんかテレビに出しても面白くないのに。。」位にしか思ってなかったのですが、ここ最近、テレビ側がユーチューバーを迎えるのではなく、芸能人が芸能事務所を通じてユーチューブに参入してくるようになりました。しかも大量に。

これはユーチューブ業界にとっては非常に大変な変革になるでしょうね。

なぜかというと素人が低予算でクオリティーの精度を求めずに身近な事柄を内輪で楽しんできたものがこれまでのユーチューブだったのに、プロ中のプロがしっかりとしたコンテンツを引っ提げて、莫大な資金を投入してがっつり制作してくるのです。こんなことをされると、トップユーチューバ以外の人たちはひとたまりもないんじゃないでしょうか?

予算だけでなく質についても、相手はプロの芸能人。スキルも華も話術も何もかものレベルが高いです。

とても素人が太刀打ちできる相手ではありませんよね。。なので芸能人がやっているユーチューブチャンネルはあまり好きではないのですが、別格なのは「中田敦彦のYoutube大学」です。

中田敦彦のYoutube大学

 

>>中田敦彦のYoutube大学

そう。あのオリエンタルラジオのあっちゃんのやってる教育系コンテンツの番組です。時代時代でよく物議を醸すあっちゃんですが、この方、学歴もなんですが、それ以上に演説、講義するセルフパフォーマンス能力、編集能力が格段にレベルが高いんです。

昔、千原ジュニアさんがMCをされていた「ベストパフォーマンス」という番組でオリエンタルラジオの回があったのですが、そこで行った8分間のパフォーマンスを見たとき「こんな人たちが一発屋で終わるわけない」と感じたのを思い出しました。2回出てるのですが2回とも8分で非常に面白かったので皆さんも是非見てください。

話はそれてしまいましたが教育系ユーチューバーの中でも、この「中田敦彦のYoutube大学」はテンポよく簡潔に歴史や政治や小説をダイジェストで笑いを交えてお話をされていて、興味のない事柄でも動画を見終わると物凄く興味が出てしまう非常に有意義なコンテンツです。とはいっても30分という身近な時間で本一冊とかやってしまうので、非常にざっくりとはしており、あっちゃんの独自の解釈や脚色が入っておりますが、それも含めてエンターテイメント。

「ゲートウェイ学問」として非常に優秀なコンテンツです。

しかも見た後は友達に話したくなるし、何度も繰り返し繰り返し見れる使い捨てではない動画なので再生回数もエンドレスで稼げるし、すごいものを思いついたものです。

ただ、こうなるとアンチも出てくるんですよね。中田敦彦のYoutube大学であっちゃんが講義した内容の上げ足をとって「事実と違うことを言っている」だの「フェイクの古典」だのとネットニュースにアップする人とか出てきますよね。再生回数の多いものの恩恵に預かろうとビュアー乞食が寄ってきます。光に集まる夏の虫のようです(笑)アフィリエイトで稼がないとと生活に必死なのも解かるのですがね。

いいじゃないですか。別に話の内容が間違っていようがフェイクだろうが。全くの嘘は良くないですがエンターテイメントで楽しく学問の入口に導いてくれる役目を担ってくれてるだけで十分です。そもそも歴史や宗教の成り立ちや武将の武勇伝や過去の事象のあった西暦なんてすべて嘘っぱちのフェイクでしょうに。。

鎌倉幕府発足ですら1192年と覚えさせられてたのに、新発見であっという間に1185年。鶴の一声で7年遡ったんですよ。大化の改新の年号なんて不可解にも程があると思いませんか?

このように、あっちゃんの独自の解釈や脚色があってこその個性あるコンテンツ。その個性に文句言うのはお門違いというものですよ。もっと作り物を楽しみましょうね。

僕も将来的には不動産の重要事項説明の解説や用語説明など楽しい動画を上げれたらいいのになと模索しております。今後、対面式で重要事項説明書・契約書が無くなっている中で、「非同期型」の説明にも移行していくと思っております。その収録を行う事前準備を行っていこうと思いますので、その時は足を引っ張るような発言をするのではなく、気持ちよく応援してもらえれば幸いです。

ではまた!!

>>法人様向け 重要事項説明書・契約書作成代行なら「河合哲司 不動産よろず相談所」へ

重要事項説明書・契約書作成代行・不動産調査・個人売買ならまずは気軽にお問い合せ下さい
06-6430-9425 受付時間:10:00~19:00(水日祝休)
お問い合わせ