大阪市内・北摂・尼崎市・伊丹市・西宮市・芦屋市・神戸市の重要事項説明書・契約書作成代行など不動産アウトソーシングなら

耐震偽装事件を切る②

本来、ヒューザーに限らず、デベロッパー(マンション分譲業者)はカッコイイ建物を安く建設し、利益を多く確保したいというのが本音です。

耐震偽装事件を切る②

ちなみにヒューザーとは、株式会社ヒューザー(HUSER Corporation)の事で、かつて存在した不動産業者(開発業者)となります。分譲マンションの開発及び販売を行っており、開発する分譲マンションの世帯あたりの平均面積が業界最大である事を特徴としていました。

原価を安くしたいので、設計費用に限らず、広告代理店費用、モデルルーム作成費用、マンション販売委託料、建設費用全てにおいて、価格を抑えにかかります。

コスト削減

これは、デベロッパーに限らず、商売をする上では当たり前のことで、どの業種も同じことを行っております

しかし、安くしたいからといって、マンションの構造部分の原価(詳しく言うとコンクリートの量や鉄筋の量、構造計算の効率化etc・・・)まで首を突っ込んで、値段を叩いたりしませんよ。普通は。

なぜかと言いますと、知らないからです。

マンションの構造計算はかなりの専門分野であるし、素人が一目見て口を出せるほど単純なものではございません。

また、「餅屋は餅屋に任せろ」というように、デベロッパーがそこまで知る必要がないのです。もし、自社で構造計算等の設計が出来るのであれば、わざわざ高いお金を出して外注せずに、社内でやるでしょう。

たしかに、ヒューザー側から「建設を安く収める設計をしろ!あんたのところに何件発注してると思ってるんだ!」位のかなりのプレッシャーがあったかとは思います。当然、姉歯設計事務所からしても、ヒューザーは大口のクライアントなので、意向に出来るだけ沿うよう企業努力は相当したと思います。

ただ、僕個人の意見ですが「構造を偽装して、建築費を安くしろ!」とまではヒューザーは言っていないと思うのです。

もし、そんな指示を設計会社に出してバレてしまえば、一瞬で会社が倒産してしまう位の損害賠償になるのは目に見えていますし、そんな馬鹿な指示は出さないと思うのです。

結果、姉歯設計事務所が建設費を安く上げるために越えてはいけない一線を超えてしまった。
クライアントの期待に応えるために。
ただ、プレッシャーを設計事務所にかけたヒューザーを庇うつもりはないですが、「そこまでは望んでいなかった」と思います。

確かに、姉歯設計事務所はコンプライアンスを犯してしまいました。
これは非常に罪が重いと思います。

しかし、なぜこの耐震偽装・構造偽装を役所が見抜けなかったのでしょうか?

kill-the-seismic-impersonation-incident_2_2

ここが一番の罪悪だと僕は感じるのです。

本来、設計事務所が提出した図面を役所がチェック・手直しをして、何度も加筆・修正をしながら、不備を改めていき、最終的に問題がないと判断した上で「建築確認済証」を発行し、この構造のこの建物を建築していいですよ。というお墨付きをもらうのです。

そう。
この問題になった「耐震偽装」をした、設計図面に「お墨付き」を出したのです!!
考えれますか?

平たく言うと、「お前ら役所の人間、どこをチェックしてOK出したんじゃ?」ですよ。この事件はヒューザーや姉歯建築事務所を叩く前に、役所のチェック機能の無能さをもっと叩くべきなんですよ。

なぜ、このニュースはこの事をもっと深く追求してメディアに流さないのかが不思議で仕方がありません。

政府から、役所批判については報道規制がなされているのかと疑うくらいです。

役所は、この2社よりも罪は重いです。ここのチェック機能がスルーされるのであらば、世の中ありとあらゆるものが信用に値しない。ヒューザーが販売した物件だけでなく、日本のマンションほとんどが怪しいものです。どのみち、設計会社に専門分野を丸投げして、それに依存して役所は印鑑押すだけになってしまってたのでしょう。

民間会社はどうしても利益を追求します。

それが、故意であれ過失であれ、不完全なものは発生するのです。それを、最終的に正すのが役所の仕事。特に、住まいという価格も高く、人命にも直接影響するかもしれないものには、厳粛に対応しないと、このような事件は後を絶たないように思います。

現在の建物は新耐震基準以降の建物でも80%以上の建物が耐震性に問題があるとの調査結果が出ております。持主自身が直接では解らない建物の不備や構造上の問題は、もっと厳密に審査して人々が本当の意味でそこに信頼を置ける公的機関にして欲しいと切に願います。

重要事項説明書・契約書作成代行・不動産調査・個人売買ならまずは気軽にお問い合せ下さい
06-6430-9425 受付時間:10:00~19:00(水日祝休)
お問い合わせ