大阪市内・北摂・尼崎市・伊丹市・西宮市・芦屋市・神戸市の重要事項説明書・契約書作成代行など不動産アウトソーシングなら

仁義なき悪魔のリスクヘッジ計画

ここ最近、ネットやテレビニュースを見て、改めて結婚や家族の在り方って変化してしまったんだなあと感じることが多いです。というのも、昔々は口減らしのなどのために親にお見合いをさせられ、嫌々でも嫁に行っていたようで、結婚式での花嫁の涙は嫁に行くのが嫌で仕方なく泣いていたと言われています。

近年はめっきりお見合い結婚も減り、恋愛結婚が主流になってまいりました。経済が豊かになるに連れ、昔の男尊女卑の時代から女性の社会進出が取だたされるようになり、今日では結婚しても奥様が働いているのは当たり前、ダブルワークで子供は最少人数若しくは要らないというご夫婦さえいるようです。
時代が移りかわると共に家族の形態が変化していくというのは悪い事であるとは思いませんが。。。
なんか、こうね。。。
批判覚悟で誤解を恐れずに書いちゃいますと。。。
最近、女性の権利主張、行き過ぎやしませんか!!?(書いちゃいました・・・)

男女平等は大いに結構です。僕もそれが現代社会で生きる上で非常に理に適ってると思います。
昔みたいに男が偉くて、お嫁さんは三歩下がって、専業主婦で子沢山・・・では現代の何でも合理化の時代にはそぐわないですからね。
でもね。最近、女性自立や女性尊重が振り切ってしまって、やり過ぎてるんですよ。

セクハラに始まり、パワハラやメタハラ、セカハラ、モラハラ、アルハラ、ジェンハラ・・・全32種類あるらしいです(笑)一月分以上ありますね。。。
パワハラにいたっては、物理的な暴力だけではなく、言葉も暴力の中に入る的な事まで言われる始末です。
こないなったら、女性と口ゲンカもできないですよ!男性は何にもするなって事ですかね?
社会的な立場は男女平等にして、女性の弱者の部分だけは残しつつ、そこをクローズアップしてハラスメントだの何だのと過剰養護する傾向が非常に強いと個人的に感じます。
こうなると、男性の立場がますます弱くなり、女性の立場がもっともっと強くなるでしょうね。
そういう現代の男性には追い打ち、女性の方には最強の悪魔のリスクヘッジ方法を伝授したいと思います(笑)

皆さん、ご結婚される方は幸せ一杯で、これからの夫婦生活に夢と希望で満ち溢れてますよね。

マイホームを持つというのも、家族の夢の一つの方々も多いのではないでしょうか?
ただ、以前にも記事でも書いたのですが、幸せ一杯の時に夫婦の共有名義で不動産を購入し、いざ夫婦生活がうまくいかなくなり、離婚することになった場合、この共同購入の不動産は大きな足枷になります。昨今は離婚率も30%を超えると言われておりますので、自身もその三分の一にぶち当たらないとも限りませんので、十分ご注意ください(笑)

いざ、離婚となり、母親が親権を取る場合、まだ子供が小さければ、養育費も必要ですので、元旦那からそのお金を子供が学校を卒業するぐらいまでは絞りとってでも頂戴しないといけない訳ですが、みんながみんなきっちりと養育費を入れてくれるわけではございませんよね。
結構、最初の約束を反故にされて、泣き寝入りしている方も多いと聞きます。そうなってからだともう遅いので僕がとっておきの方法をお教えします(笑)
誰もが離婚のを前提に結婚するわけではないので、結構見落としがちなのですが、最初が非常に肝心なので、今後未来、結婚する予定のある方は目をかっぽじって読んでください(笑)

女性が独身時に正社員である場合に限るのですが、そろそろこの彼氏と結婚するかもと思ったとき、二人で相談して不動産を選びますよね。その時に、女性が籍を入れる前に単独名義で住宅ローンを組んで購入してください。(ここがミソです。)それから入籍をし、結婚式を挙げ、いざ結婚生活が始まるとその住宅ローンを旦那の給料で支払うのです。ボーナスは出来るだけ繰り上げ返済し、ローン残高をどんどん減らしていきましょう(笑)
運よく結婚生活がうまくいけば、不動産の所有名義が奥様なだけで、他の生活には何ら支障が無いのでそれはそれでいいです。

もし、離婚になった場合は離婚するまでのローンの支払いは旦那の給料から出てるし、自分の名義の不動産なので旦那が出ていくだけで、スムーズに事が運びます。残りのローンは自分の所有物なので払わないといけないですが、それは養育費という名目のお金がもらえるのであれば、その期間はそれで払い続ければいいだけです。後は自分自身が働くお給料で生活していけばいいだけです。こうしておけば万が一養育費が止まった場合でも、たんまりと残高が減った不動産を売却して、その売却益で次の賃貸を探し、残りは貯金しておけば良いだけです(笑)

法律的には財産分与であったり、細かな所をついていくと正確には元旦那にお金を分配しないといけないのですが、よっぽど拗れて、離婚調停や裁判にならない限り、当事者同士の話し合いで解決出来るので、この不動産の件は、いろんな難癖付けて、なし崩しにしてやればいいのです(笑)
どうですか?いい方法でしょ?女性の皆さん^^

時代は常に変革しております。
男性がマイホームを買って、「俺の家だ!」と主導権を振りかざす時代はもう古いのかもしれませんよ(笑)
だって、男性弱者の時代に突入し女性が主導権を握る時代になってますからね^^

マイホーム購入でお困りならまずは気軽にお問い合せ下さい。
06-6430-9425 受付時間:10:00~19:00(水日祝休)
お問い合わせ